イベント

敬老の日いつから孫はお祝いする?赤ちゃんが渡すプレゼントや近所の方への対応についてもご紹介

目安時間 6分

毎年9月の第三月曜日は「敬老の日」です。
今年2018年は9月17日(月)が敬老の日となります。

敬老の日は、長年にわたり社会に貢献してきた老人を敬愛し、長寿をお祝いする日となります。

では孫はいつから敬老の日にお祝いすれば良いでしょうか?

まだ赤ちゃんである年齢で送るプレゼントのおすすめは?
また、いつも気にかけてくれるご近所さんへも何かできないか?

以上の疑問について、解決していきたいと思います。

敬老の日いつから孫はお祝いする?

老人を敬愛とありますが、老人とは何歳からの方を指すのでしょうか。

一般的には65歳以上が該当すると言われているようですが、個人的な解釈の尺度によるところも大きいのが実際のところです。

ちまたでは老人扱いすることで怒られたりすることもありますが、孫からお祝いをされて嬉しくないおじいちゃん、おばあちゃんはいないはず!

なので、気後れせずにお祝いをしましょう!

では、実際にいつから孫はお祝いができるのでしょうか。
生まれて間もない新生児や、自分の意思を伝えられない状況では、お祝いしなくても良いと思います。

祖父母と一緒に食事をしたり、お菓子などの手土産を持って顔を見せるだけでも喜ばれるのではないでしょうか。

私は言葉が発せられるようになる、1歳前後からお祝いをしてはどうかと思います。

実際に孫に贈り物を持たせて、祖父母へ「どーぞ!」と渡せば、おじいちゃん、おばあちゃんもメロメロになること間違いありません。

敬老の日に赤ちゃんが贈れるプレゼントは?

孫からプレゼントを贈る場合、いずれの場合も親の援助が必要になりますが、できることなら孫の香りをプンプンにさせた贈り物の方が喜ばれますよね。

では実際に、敬老の日に赤ちゃんや小さい子が贈ることができるプレゼントにはどういうものがあるでしょうか。

1)孫の写真と一緒に手形や足型を画用紙や紙粘土に付けてかわいく飾り付け
2)お菓子に孫の写真や名前を印刷して贈る(詳細は次章をご参照ください)
3)字が書けるならメッセージと一緒に、似顔絵なども書く
4)孫を連れて一緒に食事をする

スポンサーリンク

大切なのは高価な贈り物ではなく、気持ちが伝えられることが第一だと思います。

少しでも祖父母の喜ぶ顔が見たいものですね!

敬老の日ご近所さんへ何かできないか?

家の近所を、小さい子どもを連れて散歩をしていると、声を掛けられたりお菓子を頂いたりすることがあります。

次第に仲良くなり、ご近所付き合いが始まることがよくあります。

私も実際に息子が生まれて家の近くを散歩していると、多くの方に声を掛けていただけます。
そして多くのご年配の方が可愛がってくれます。

私の住んでいる地域では特に年配の方が多く、「赤ちゃんなんて久しぶりに見たよ~!」なんて言って目を細めて微笑んでくれます。

防犯の面から見ても、天災などが起こった時のことを考えた際にも、ご近所付き合いはしておいた方が良いと私は思いますので、人生の先輩方との付き合いは大切にしたいと思っています。

そういう付き合いをされている方は多いのではないでしょうか。

日頃の感謝も込めて、ご近所さんへ敬老の日に贈り物をしたい場合、何が喜ばれるでしょうか。
こちらも金額ではなく気持ちなので、重すぎないちょっとした贈り物ができればと思います。

そこで画期的なサービスを見つけました。
子どもの顔写真やメッセージを、お菓子のパッケージにプリントするというサービスです。

●ビスコ
https://s-bisco.jp/

20個1BOXで2,500円(税込)とのこと。
文字は最大7文字まで入力可能だそうです。
「いつも感謝!」など、短いメッセージが載せられるのも魅力的なポイントです。

ビスコならご年配の方でも問題なく召し上がっていただけますし、可愛い仕上がりなので喜んで頂けそうですよね♪
数個ずつ配るのにちょうど良いサイズだと思います。

ご近所だけでなく、祖父母に送ったり自分達の分も保存しておきたいくらいですね。

おわりに

いかがでしたでしょうか。
特に普段は会えない、遠方に住んでいる祖父母へ孫の成長が分かる贈り物をすると喜ばれると思います。

敬老の日には、孫のテイストが全面に出るように、喜ばれるプレゼントを贈りましょう!

✄--------------- キ リ ト リ ---------------✄

ランキングに参加しています♪
励みになりますので、応援クリックよろしくお願いします!!

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

✄--------------- キ リ ト リ ---------------✄

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前 

メールアドレス (公開されません)

URL (空白でもOKです)

コメント

このサイトを訪れる方に人気の記事
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報
最近のコメント