育児

おむつ専用ゴミ箱のカートリッジは高い、代用する方法とは

目安時間 5分

出産準備をされている方や、出産後の方、介護をされている方など購入を検討されている方々が多い、オムツ専用ゴミ箱。
コスト面も考慮した上で本当に必要なのでしょうか。

実際に私は、専用ゴミ箱を使わずに過ごしています。
どのような方法で代用しているか、実体験を元にご紹介したいと思います。

参考になりましたら幸いです(^-^)

おむつを捨てる為の専用ゴミ箱について

赤ちゃんのお世話をしている方や介護をされている方は、おむつ替え及びおむつの処理が必須作業になります。

そして現在は便利なことに、おむつの処理専用の、カートリッジを装着するタイプのおむつ専用のゴミ箱があります。

ゴミ箱自体は様々な形状の物が、色々なメーカーから出されております。
どの製品も大体似たような構造をしており、カートリッジを装着後、使用済みおむつをクルクルとウインナー状に捩じれて包んでくれます。

私もその中の一つを実際に購入しましたが、密封では無い為臭いを完全に防げるわけではありません。
ゴミ出しの際には、やはりそれなりの匂いを放ちます。

中には、熱で封ができる製品もありますが、お値段もそれなりにかかります。

おむつゴミ箱用のカートリッジは高い

まずおむつ専用のゴミ箱本体は、大体1000円前後~3000円前後の間の価格設定となっております。
これにカートリッジを装着するのですが、そのカートリッジ代金がカートリッジを交換する度に発生します。
大体1つのカートリッジが1000円~2000円です。

赤ちゃんの場合、新生児の頃はおむつの交換頻度も高く、すぐにカートリッジが無くなるためあまり経済的ではありません。

スポンサーリンク

子供のオムツがとれるまで使用するとなると、ランニングコストがかさみます。

その為、私は専用ゴミ箱を買いはしましたが、一度も使うことなく一年以上過ごしております。

おむつを捨てるのにカートリッジゴミ箱の代用

さすがにおむつをそのままゴミ箱に捨てるのは気が引けます。
そこで使用しているのが、よく雨の日に色々なお店の入り口で見かける傘袋です。

これにおむつを入れるたびにくるっと結び、次のオムツをその上から入れます。
一袋に3個~4個のオムツが入れられます。

ホームセンター等で100枚入り300~400円程度で購入することが出来る為、
おむつ400個程度を捨てることができ、とても経済的です。

やはり臭いを完全に遮断することは難しいので、傘袋に入れたおむつを蓋付きのバケツに入れています。
因みにその蓋付きバケツもホームセンターで購入した数百円程度のものですので、とっても経済的です。

バケツ内にゴミ袋を入れ、蓋の裏に貼るタイプの消臭剤を付けています。

それでもやはり臭いはしますが、お金をかけているのに臭うのと、お金をかけなくても臭うのあれば、圧倒的に後者が選んだ方が良いのではないかと思います。

また、ベランダや玄関脇など外にゴミ箱が置ける環境に住んでいる方は、一枚の傘袋が埋まったら外に捨てに行くようにすると良いですね。
そうすれば常に臭いからは解放された、ストレスフリーなおむつ生活を送れること間違いなしです!

私は虫が苦手なので、外におむつを置くことは気が引けます。
そのため室内にゴミ箱を置ける環境作りを行い、上記方法を現在も続けています。

まとめ

赤ちゃんとの生活はオムツやミルクなど、意外とランニングコストがかかります。

オムツのゴミ箱にしてもそうです。

オムツが外れるまでは必要なコストになるので、節約できるところは節約しましょう♪

お金をかける場合とそうでない場合で、お金をかけても大きなメリットが得られないのであれば、お金をかけないに越したことはありません。

特に育休中などで、充分な収入が得られない期間でもあります。

上手に節約して、育児を楽しく乗り切りましょう!

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前 

メールアドレス (公開されません)

URL (空白でもOKです)

コメント

このサイトを訪れる方に人気の記事
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報
最近のコメント