イベント

結婚式におすすめな曲byミスチル♪ムービーやエンドロールもMr.children!

目安時間 6分

一世一代のイベントである結婚披露宴。

自分たちが主役となり脚光を浴びる機会はこの先二度とないかもしれません。

そんな晴れの舞台で、好きな音楽に包まれたら最高ではありませんか?

少し前までは、披露宴に使用する音楽の歌詞までもが重要視され、

「良い曲だけどこの歌詞が入ってるから・・・」などの理由で没になるケースが多かったようです。

ところが昨今では、歌詞の意味をそれほど重要視しなくて良い風潮にあるようで、好きな音楽を流すケースが多いです。

私も実際に自分の披露宴では大好きなミスチルをたくさん流しましたので、ミスチル好きの方へご参考になれば嬉しいです^^

結婚式で流すおすすめな曲byミスチル

ミスチルはバラードが多く、結婚式でも使える曲がたくさんあります。
逆にありすぎて、決められた枠におさまらず、厳選する作業が大変でした。

その中でも特に披露宴でかけるおすすめソングをご紹介♪

<しっとりバラードな曲>

●君が好き
●Sign(サイン)
●抱きしめたい
●糸(BankBand)
●HERO
●gift(ギフト)
●365日
●Simple(シンプル)
●終わりなき旅
●くるみ
●しるし
●Everything(It's you)

この一覧を眺めているだけで、どれも使いたくなりますよね!

想像しただけでお腹いっぱいになりそうです(笑)

そして曲だけでなく、ストレートに愛を表現する歌詞が多いため、本当に迷うところだと思います。

<明るいポップな曲>

●箒星
●fanfare(ファンファーレ)
●エソラ
●I'LL BE
●youthful days
●Any
●ヒカリノアトリエ

ファンファーレは映画「ONE PIECE」の主題歌でもあったため、広い世代に渡り認知度が高いです。
その為、新郎新婦入場の曲でかけると、かなり盛り上がります♪

スポンサーリンク

ヒカリノアトリエも、NHK朝のテレビ連続小説ドラマ「べっぴんさん」の主題歌でしたので、ご高齢の方にも認知度が高いと思われます。

また、原曲そのものではなくオルゴールのBGMをかけると、元気いっぱいの曲も静かなバラードになり、一味違ったミスチルを流すことができますのでオススメです。

ただ披露宴で使える曲数は限られているため、私は厳選に厳選を重ねて選曲しました。

これから披露宴を予定の方は、嬉しい楽しい悩みだと思いますので、たくさん悩んで検討してくださいね!

結婚式の友人制作サプライズムービー曲もミスチルでした

結婚披露宴の余興を、大学時代の友人に依頼をしました。

サプライズでムービーを作成してくれていたのですが、そこで使われていた曲がミスチルの「Simple(シンプル)」でした。

これも心が温かくなるムービーで、当日大号泣してしまいましたが良い思い出です♪

さりげなくバックで流れるSimpleはとても優しく、歌詞も愛情いっぱいで、何年経過しても良い思い出です。

「10年先も20年先も君と生きれたらいいな」

って、とっても結婚式向きです!

歌詞の通りの人生を送れるように、感謝の気持ちを大事に暮らすことを再認識させてくれた一曲でした。

結婚式のエンドロール曲をミスチル365日で締める

披露宴のトリを飾ったのが、その日一日の様子を撮影したムービーをエンドロールで流したものでした。

「365日」を選曲し、桜井さんの歌声も響くように大きめのボリュームで流しました。

親への感謝の手紙からのエンドロールでしたので、私をよく知る友人達も感動して大号泣しているのが見えました。
(もちろん当の本人も大号泣でしたが^^;)

こちらも未だに「365日」を聞くと、つい昨日のことのように披露宴を思い出しますし、大好きな曲と記憶が結びつく素晴らしさを実感しております♪

また手元にも当日のDVDが残っていますので、見返す度に「ミスチルにして良かった~!!!」と満足感でいっぱいです。

迷っている方はぜひ前向きにご検討ください^^

まとめ

モンスターバンドであるミスチルは、ほとんどがCMやTVドラマで起用されていて、「ファンじゃないけれど、ほとんど曲を知ってる!」という人が少なくありません!

なのでミスチルで固めることは悪くないと思います。

そして何年経っても、「ミスチルで染めた結婚式を挙げた」という事実が記憶として残り続けますので、こんなに幸せな思い出はありません!

あとは夫婦で相談し、お互いが納得いく形であれば、何の問題もありません!

最高にHAPPYな披露宴を完成させてくださいね♪

因みに、当日会場のスタッフさん同士が「全部かかってる曲がミスチルだ!すごく良いね!」と褒めてくださっていたようです。
私の親がその発言を聞き漏らしておらず、後で教えてくれました!

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前 

メールアドレス (公開されません)

URL (空白でもOKです)

コメント

このサイトを訪れる方に人気の記事
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報
最近のコメント