育児

森林公園ぽんぽこマウンテンは超巨大!夏場は要注意なポイントも!

目安時間 9分

国営武蔵丘陵森林公園の南口エリアには、日本で一番大きいエアートランポリン「ぽんぽこマウンテン」があります。

 

以前、炎天下の夏場に行ってきました。

 

すごく楽しかったのですが、注意しないといけない点もいくつかあるので、併せてまとめます。

 

小さいお子さんがいるご家庭は特に要注意です!

 

 

森林公園ぽんぽこマウンテンはどの入口から入る?

森林公園のぽんぽこマウンテンですが、森林公園の南口、中央口のゲートから徒歩約20分ということでした。

 

我が家は2歳の息子を連れて南口から歩きましたが、小さい子の足ですと30分弱かかりました。

 

ちなみに参考画像を載せますね。

 

 

途中、大自然の中をひたすら歩きます。

 

真夏の炎天下で暑かったのですが、連なる木々の葉っぱのおかげで木陰を歩くことが出来ました。

 

かなりマイナスイオンをチャージできるので、ストレスフルな毎日を送っている方には本当に癒しスポットになります。

 

歩く道はとてもきれいで歩きやすいです。小さな子供の足にも安全です。

 

木々から見える青空が本当にきれい!

 

見渡す限り、辺り一面、木、木、木!!

 

アップダウンの激しいところも多少なりともあります。

 

20分ほど森林浴を楽しむと、急に視界が開け、だだっ広い広場に到着!

 

本当に広い!!!

 

そして木陰が無い、芝生一面の中で唯一あった日陰ハウスがこちら!

「YOUYOUドリームハウス」!!

 

ものすごい広い敷地の中で一か所のみ大混雑していました。

 

YOUYOUドリームハウスに群がる大人たち(笑)

 

そしてこのYOUYOUドリームハウスから少し離れたところにありました!!

 

「ぽんぽこマウンテン!!」

 

森林公園のぽんぽこマウンテンはどういうところ?

ぽんぽこマウンテンの前には注意を促す看板あります。

 

そしてぽんぽこマウンテンの様子は以下の写真をご覧ください。

スポンサーリンク

 

まずみんな靴を脱ぐところから始めます。

 

 

そして6歳以上が利用できること。

 

 

混雑時は大人の利用が制限されること。

 

 

屋根が無いため、強い日差しが白いトランポリンに跳ね返り目がチカチカ。子供たちは大喜びで走り回っていました。

 

 

大人も子供もめっちゃ楽し~!!

 

 

大きいぽんぽこマウンテンの横には、3歳~6歳用の小さいぽんぽこもありました!

 

うちの子は当時2歳だったのですが、親が責任を取る覚悟で大きいぽんぽこマウンテンで遊ばせてもらいました。

 

その日はそこまで大混雑ではなく、大人もジャンプを楽しめました。

 

 

ぽんぽこマウンテンの周りは、サラサラの砂で囲まれているので、外にすべり落ちてもあまり痛くはありませんでした。

 

 

そして子供だけでなく親もとても楽しかったです!

 

 

 

 

 

ですが、夏場ならではの悩みがっ・・・!!

 

ぽんぽこマウンテンでの注意する点

まず夏場に行かれる方は特に注意が必要です。

 

まず日除けが無いため直射日光があたります。なので日焼け止め、防止必須です。

飛び跳ねることにより帽子が外れがちなので、きつくかぶれる帽子が良いです。

 

また、炎天下でのトランポリンはかなり熱いです。

裸足ではヤケドしそうだったので靴下を着用しましたが、それでも熱かったです。

 

またうちの子は、はしゃぎ過ぎて汗びっしょりでした。

普段以上のコマメな水分補給が必要です。

 

親が気にかけてあげましょう。

 

 

それと靴を脱ぐことによって、靴の履き間違いも起こりえます。

自分が脱いだ靴の場所をしっかり覚えておくようにしましょう!

(実際に私自身、自分の靴を見失ってしまい、探すのに時間がかかりました)

 

 

トランポリン自体はとてもキレイですし、本当に楽しい遊び場です^^

ぜひぜひお子様と楽しんでくださいね!

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前 

メールアドレス (公開されません)

URL (空白でもOKです)

コメント

プロフィール



TAMAKI(たまき)

初めまして、たまきです(^-^)

3歳男児&0歳女児の育児と、フルタイム勤務に日々追われる30代女性です。

何よりミスチルをこよなく愛しています。

アウトドアもインドアも大好きです。

万年ダイエッターです。

皮膚が弱く荒れやすいため、体質改善も頭に置いて日々模索中です。

日常生活でのお役立ち情報や行ってみて良かった場所などをシェアできたらと思いますので、ぜひお立ち寄りください(^▽^)

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報
最近のコメント