生活

電車の終点で寝てる人を見かけたら起こす?それとも起こさない?

目安時間 6分

朝の通勤時間帯や終電の時間帯で、特に多く見かけるのが、電車で寝てる人達。

終点駅に着いてるのにいっこうに起きる気配がない。

そういう人を見かけたら、あなたは起こしますか?
それとも起こさずに電車を降りますか?

私の体験談もまじえてお伝えしていきます。

電車の終点で寝てる人

電車の終点で寝てる人。

気持ち良さそうにぐっすりと、時にはイビキをかいて寝ている人いますよね。

酔っ払ってる人もいますし、残業で遅くなった雰囲気の人、塾や部活動で疲れて眠ってしまっている様子の学生さん。

「電車でそこまで眠るなんて気が知れない!」と思う方もいると思います。

でも眠ってしまう気持ち、よく分かります。

実際に私がそうなので(;´д`)

高校生の時から気がつくと寝入ってしまい、電車で寝過ごすこともしばしば。

30歳を過ぎた今でも、必ずといって良いほど眠りに落ちます。

あのほどよい温度と電車の揺れが、心地よい眠りの世界へと連れて行ってくれるんですよね。

最近では寝過ごすこと前提に、電車に乗ったらすぐにアラームをセットして、降りる駅に着くであろう時間の少し前に気づけるようにしています。

乗車時間が長いから眠ってしまうというのもあるのですが、たとえ一区間であっても深い眠りに落ちる瞬間はあるので、こればっかりは乗車時間に関係なく眠ってしまうようです。

電車で寝てる人を起こす?

終点に着いているのに寝たままの人っていますよね?

中の人が一斉に降りているのにも関わらず、微動だにしない人。

おそらく皆、胸の中で「このまま降りて良いのかな?」と寝ている方をチラリと意識しつつ、モヤモヤを抱えていると思うんですよ。

その時、寝ている方を起こしますか?

みなさん、結構スルーされてますが、私はほぼ起こします。

スポンサーリンク

なぜなら、理由は2つあります。

1つめは、自分だったら起こして欲しいから。

今まで何度か寝過ごしてしまいましたが、中には声をかけて頂いたおかげで難を逃れたケースが多々あります。

学校の定期テストや自動車教習所の試験の際にも、電車で居眠りをしてしまいましたが、心ある人か目を覚まさせてくれたおかげで遅刻をせずに済みました。

感謝カンゲキ雨嵐です!

なのでその時のご恩を他の方へ変えさせてもらっています。

2つめの理由としては、家族に置き換えた場合を考えるから。

終点についたのに目が覚めていない人が自分の家族だったら100%起こしますよね?

そして、もし自分がそこにいなかった場合、家族が眠りこけてたら「誰か私の家族を起こしてやってくれー!」って思いますよね?

特に学生さんなんて明日も学校だろうし、帰ってから宿題やら課題やらをしなきゃいけないだろうし、出来ることなら一刻も早く家に帰してあげたいではないですか。

それと同じようにが、終電で終点まで来て起きないオジサンが自分のお父さんだったら、終電後にどうやって家に帰るんだろう?

奥さんは心配してるのでは?
お子さんもお父さんの帰りを心配して待ってるのでは?

とついつい妄想が膨らみ、自分の父親と重なってしまうんですよね。

なので私はほぼ、そういう人に遭遇したら肩をポンポンと叩いて「着きましたよ!」と声をかけて起こします。

電車で寝てる人を起こさない

中にはちょっと怖い思いをした方もいるようなので、そちらも報告を。

酔っ払いさんをよかれと思って起こしたら、暴力を振るわれた方も中にはいらっしゃるそうです。

それと、終点だということを敢えて分かって乗り寝ているため、起こしに来る人をウザイと思ったり、親切の押し付けだと思う方もいるのが事実です。

(折り返し乗車という、不正乗車は禁止されているんですけどね。。。)

こういう意見を見ると、起こさない方が良いのかな?と思ってしまいますが、これまで私はこういうことを言われたり態度で示されたことはありませんし、実際に降りたかった方が大半なので、これからも起こしていこうと思います。

まとめ

時々、起こしたけど微妙な顔をされたという意見もあります。

でも自分が起こされた側として考えてみてください。

深く眠っていた時に、見知らぬ人に起こされた場合の心境を。

ハッと目覚めて、一瞬で状況を理解できますか?

私なら「ここはどこ?私はだれ?」状態で、一瞬プチパニックです。

なので状況把握できないまま、放心状態になるのではないでしょうか?

なのでこういう無表情なリアクションをされて気にしている方は、全く気にする必要はありませんよ!

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前 

メールアドレス (公開されません)

URL (空白でもOKです)

コメント

このサイトを訪れる方に人気の記事
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報
最近のコメント