イベント

会社の人へのバレンタイン義理チョコを渡す際の相場と渡し方について

目安時間 7分

こんにちは、管理人の環(たまき)です。

もうすぐバレンタインデーの季節ですね!

本命だけでなく、職場などで義理チョコを渡そうと考えている人は多いのではないでしょうか。

職場で義理チョコを渡し続けて十数年。

これまで私が培ってきた経験を元に、義理チョコについて語りたいと思います!

会社の人へのバレンタイン義理チョコについて

これ、毎年悩む人本当に多いですよね。

「あげようかどうしようか、でも私なんかからもらっても嬉しくないんじゃ・・・」

義理チョコを渡す相手の気持ちを推し量ってばかりいると、永遠に答えは出せません。

それに男性側からは意外と好意的に受け取ってもらえます。

私が十数年勤めている会社は男性社員の方が圧倒的に多いですが、女子社員からの義理チョコに迷惑がった反応を示す人はおりません。

バレンタインにチョコ=好きな人へ愛の告白

のイメージがどうしても強いですが、感謝を伝える良い機会でもあります。

ぜひ一年に一度のバレンタインに、職場の人へ感謝の気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか。

バレンタインに渡す義理チョコの相場は?

気持ちに値段は関係ないと思いますが、個人的には一人あたり300円~1000円の間で考えています。

これは渡す相手の人数や、相手との距離によって変動します。

義理チョコと言えど、コストが発生しますし、自分の財布からの負担になりますよね。
無限にお金があるわけではないので、トータルでの金額を決めます。

私の毎年のバレンタイン直前の行動は、まず日頃繋がりのある会社の男性をリストアップします。

その中でも重要度を高・中・低とわけます。

重要度が高いグループには上司。
重要度が中くらいのグループは、同じ課の人々。
重要度が低いグループは、同じフロア(部屋)にいるけれど仕事での関わりが時々ある人々。

そして金額や渡す物もグループによって分けます。

高グループには2000円くらいのもの。
中グループには1000円くらいのもの。
低グループには300~500円くらいのもの。

トータルで毎年1万円は超えます。

低グループには渡さなければ良いと思いますよね?
私もそう思って渡さなかった年がありました。

しかし、中グループに渡してるところを見られたり、受け取った中グループの人が、他の人も受け取っていることを前提に話をしてしまったり、バツの悪い思いをした覚えがあります。

数百円の出費で、全てが穏便に収まるのならそれに越したことは無い!

と思うようになり、毎年、同じフロアの男性には渡すようにしています。

なので金額ではなく気持ちが大事だと思うので、トータル金額で考えて、一人あたりの金額を出していくのが良いと思います♪

ネットで検索すると、安いけれど安く見えないチョコやお菓子が意外と見つかりますよ♪

例えばこのようなチョコなどです。

さらに結婚式で配るようなプチギフトだとさらに安価で購入できますが、ちょっと寂しすぎますかね^^;

本当にただ配るだけならプチギフトでも良いかと思います。

バレンタインの渡し方(会社の義理チョコバージョン)

私の場合、渡す人数が多いので、一人一人手渡しはしません。面と向かって渡すほどのものでもありませんし。

高グループである上司と、同じ課の中グループには手渡ししますが、低グループは手渡ししません。

なので、付箋に「いつもありがとうございます!(押印)」と書いて机に置いて行きます。

ちなみに付箋はこちらを使用してます♪

しかも、その日は朝早めに出勤し、皆が出勤する前に配り終えるようにしています。

そうすれば、メールでお礼が来たり、廊下で会った時にお礼を言われたりと、やり取りがスムーズにできるので、お互いに楽です♪

職場に女性が数人いる場合には、皆でお金を出し合って大きな箱にお菓子を用意して「男性の皆様、ご自由にどうぞ!」などとするのも一つの手ですね!

面倒なやり取りが一切ありませんし。

ただ、そうすると女性によってもその企画に同調しない方もいますし、男性側からしたらお返しをどうしよう?と悩んでしまうことにもなりかねません。

それならば個人でやってしまった方が気楽だ~♪
というのが、私の見解であります!

まとめ

学生時代は好きな人に渡すチョコで悩み、大人になったら会社に渡すチョコで悩み、なかなかバレンタインの企画から解放されないものですね!

でもせっかくの世の風潮なので、企画に乗っかってしまうのも良いかも知れません。

因みに、一主婦の意見ですが、旦那が会社からチョコをもらってくると少し安心します(笑)

女性陣から嫌われて無いんだな(実際は嫌われてて本当に形式だけかもしれませんが)と妙な安堵感があります。

なので私もこれからも会社で義理チョコを渡します♪

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前 

メールアドレス (公開されません)

URL (空白でもOKです)

コメント

このサイトを訪れる方に人気の記事
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報
最近のコメント