イベント

雛人形はいつ出していつしまえば良いか、しまい方について

目安時間 5分

3月3日、ひな祭りと言えば、雛人形を飾り、女の子の健やかな成長を願ってお祝いをする行事です。

女の子がいるご家庭にはお雛様があるところが多いですね。

お雛様をどのタイミングで出せば良いか、わからない方も多いのではないでしょうか。

いつ出して、いつしまうのか、またそのしまい方についてご案内します。

雛人形をいつ出す?

雛人形は節分の翌日の立春から2月中旬頃までに飾るのがいいとされています。遅くてもひな祭りの1週間前には飾りましょう。

大安吉日に飾ると縁起が良いと言われておりますので、あらかじめカレンダーを確認し、大安吉日で天気が良さそうな日に飾ると良いでしょう。

一年間、ずっと保管されている状態なので、天気の良い日に出して、湿度を取り除けるようにしましょう。

ひな祭りの前日に飾る「一夜飾り」は縁起が悪いとされているので、避けるのが無難です。

雛人形いつしまう?

雛人形は、できるだけ早くしまうのが良いとされています。3月3日の翌日から約1週間以内を目安にしまいましょう。

しまう時も、大安吉日にしまうと縁起良いと言われております。
また天気も重要なポイントとなってきます。
雛人形は絹を多く使われていることが多く、湿気に弱いため、湿度の低いよく晴れた日を選ぶことをおすすめします。

地域によっては、旧節句(4月3日)まで飾ることもありますので、お住まいの地域の習慣に合わせると良いでしょう。

スポンサーリンク

よく、雛人形を早くしまわないと婚期が遅れるとの話がありますが、あくまで迷信です。
あまりに気にしすぎで躍起にならないように注意しましょう。

そもそも婚期は人によって捉え方も考え方も異なります。

現に私の親は、何年もの間、ひな祭りの直後にお雛様をしまっていましたが、私が結婚したのは20代後半でした。

見る人によれば、遅いと捉えられるかもしれませんし、普通だったり早いと捉えられるかもしれません。

雛人形のしまい方

雛人形は基本的には翌年の同時期まで出すことはありません。その為、カビなどが生えることがないよう、良い状態で保管できるように細心の注意を払ってしまいましょう。

まずは、柔らかい羽毛はたきなどを用いて、人形や飾りについたほこりをきれいに落としましょう。

続いて人形の持ち物などの小さいパーツを外して、自分で分かるように保管します。
どの飾りがどの人形の物か、またどの部分に飾るものなのか分からなくなるので、100円ショップなどに売っている、ジップ付き透明袋に入れると良いです。そしてその袋に油性ペンで部品の名前を記入します。
シールやマスキングテープなどで色分けなどしても、見やすくて分かりやすいと思います。

その後、雛人形を包みます。顔の部分は柔らかい素材のもので優しく包みます。胴体部分も布や紙できれいに包み、それぞれ箱にしまっていきます。

収納が完了したら、箱の中で人形や小物が動かないように、空きスペースに丸めた紙などを詰めます。

この時に、キツキツに詰めすぎて、人形や小物を傷つけないように注意してください。

最後に箱の中に防虫剤を入れ、湿気の少ない、直射日光の当たらない場所に保管しましょう。

以上の作業を、天気の良い日に行うことをおすすめします。

まとめ

以上がお雛様を出してしまうまでの一連の流れとなります。

ひな祭りを迎えるにあたり、雛人形の飾り付けから当日の準備(料理や写真など)、雛人形の片付けまで、お母さんはやることが多く大変です。

一年に一度の大切な娘さんの健やかな成長を祈る行事ですので、心を込めて心穏やかに行いたいですね。

一度手順が分かれば、コツを掴めますので、毎年徐々に慣れていけると良いですね。娘さんと一緒にお母さんも成長できると良いですね。

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前 

メールアドレス (公開されません)

URL (空白でもOKです)

コメント

このサイトを訪れる方に人気の記事
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報
最近のコメント