生活

年末の大掃除いつからどこから始める?この機会に防災の確認も!

目安時間 5分

できれば部屋も心もきれいな状態で新年を迎えたいと思う方は多いのではないでしょうか。
そこで必要になるのが年末の大掃除。

一年の間に溜まったゴミやホコリを一掃するチャンスです。

面倒でもありますし、理由をつけて避けることはできないだろうか・・・。

その気持ち、よーく分かります。

家族で住む家は特にゴミやホコリの量もたくさん。
効率よく大掃除に頑張って取り組んでまいりましょう!

年末の大掃除いつから始める?

年末の大掃除と一口に言っても、大体いつ頃から始めるのでしょうか。
家族によってもまちまちのようですが、11月くらいから少しずつ始める方が多いようです。

とは言っても、外で働いてる人々にとって11月から少しずつ始めるのは至難の業。
唯一の休みを2ヶ月も掃除の為だけに使いたくないですよね。

12月の最終週の3日間と決めています。そしてその中の1日は予備日としています。
最終週に帰省する場合は、その前の週と決めて決行します。

ダラダラと過ごしていては終わりませんが、大掃除の予定表を作り、きちんとスケジューリングを行えば十分に可能ですし、人間、背水の陣となれば力を発揮できるものです。

キレイな部屋で年越しをすると決めたからには、何としてでも実行させましょう!

大掃除はどこから手をつける?

大掃除をやると決めたは良いけれども、どこから手をつけるか考えるのも面倒です。
掃除しながら次はどこをやろう・・・なんて考えながら掃除を行うのも作業効率の低下を招きます。

全体像を把握しておけば、時間配分も決められるし、一日の労働量も分かりますので、体力を温存しながら取り掛かることができます。
大掃除に取り掛かる前に予定表を作ることをおすすめします。

予定表と言っても大それたものではなく、広告の裏に書いたりカレンダーや手帳に書き込むのでも十分に効果を発揮します。

スポンサーリンク

では具体的にどのように予定表を作成するのか。

まずは気になる箇所を全て書き出します。そして順番を決めます。

掃除した途端に汚れてしまっては精神的に堪えるものがあるので、年に1回程度掃除すれば良いような所を最初に掃除するようにすると良いでしょう。

掃除は、上から下へが基本です

天井、天井に取り付けられた証明器具、壁にかかった時計や絵・・・という具合に、最後に床の掃除へ移行するのがポイントです。

そして書き出した中でも、時間がかかりそうだったり、日頃手が回せていないところを優先してスケジューリングしていきます。

15分程で掃除が完了するような箇所は、最悪普段の家事の合間でも、ささっときれいにできますので♪

 ≪例えばこのような感じでザックリと≫

 ○1日目

 【午前】冷蔵庫、食器棚
 【午後】シンク下、ガスコンロ、換気扇

 ○2日目

 【午前】下駄箱、玄関、玄関扉、窓、網戸(冊子部分含む)
 【午後】洗濯機、洗濯機下、洗面所、洗面所下、各種排水溝

終わらなかった部分は予備日に行えば良いので、あまり詰め込んで無理をし過ぎず、自分ができるであろうペースで行うのがベストです。

掃除が終わった箇所はリストに赤線を引いて消していきます。
赤線が増えて行けば、掃除に取り組むモチベーションにも繋がるので爽快です。

もう一つのポイントですが、掃除しながら同時進行できることはしてしまいましょう!

洗濯機を稼働させながら掃除をしたり、家具を動かす必要があるなら、その間家族に協力してもらったり。

毛布等の大型洗濯物をコインランドリーに持って行くのなら、その時間も考慮して、「この間にこれをする」など決めておけば、忙しい中でもパズルのピースをはめるようなゲーム感覚を楽しめます。

大掃除に防災の確認もついでに

大掃除のついでに行いたいのが、防災の確認です。
近年増加傾向にある大型地震に備え、家具の配置に問題はないか、問題がありそうな場合、倒れてきそうな家具を固定するなど見直すのに良い機会です。
また食料品や飲料水などの備蓄を増やしたり、消費期限を確認することも大切です。

年に一度の確認を習慣にできれば、いざという時も少しは落ち着いて行動できると思います。

まとめ

年末は大掃除の他にも、年賀状の準備、お歳暮の手配、お正月準備等、日常生活が多忙になります。
リストを作成したり、ひと手間を加えるだけでその何倍も効率よく進められることもありますので、ひと手間を惜しまず取り組むことをお勧めします。

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前 

メールアドレス (公開されません)

URL (空白でもOKです)

コメント

このサイトを訪れる方に人気の記事
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報
最近のコメント