生活

梅雨の寝室カビ対策、布団に潜むダニの駆除方法と効果について

目安時間 8分

じめじめとした梅雨の季節。
カビやダニが大発生しやすい季節でもあります。

食品や洗濯物、お風呂場など、カビやダニにとって好条件な場所は要注意です。

今回は中でも、カビもダニも大発生しやすい寝室に焦点をあてて見ていきたいと思います。

刷り込まれた恐ろしい真実を目の当たりにするかもしれません・・・。

梅雨の寝室におけるカビ対策はどうする?

梅雨場に寝室で目覚めた時の湿気感・・・。
ジメっとしてますよね。

寝汗や、締め切った環境の中で寝てる間に、呼吸で吐く息が充満し、湿度を肌で感じることがあると思います。
全身がベタベタと、湿気に覆われたあの感じが嫌ですよね。

曇天や雨天が続く梅雨は、外気もじめっとしており、窓を開ける行為すら気休めにしかなりません。

それだけ湿気が多いということは、カビの発生にも繋がります。

カビの発生を抑えるにはどうすれば良いか。

そもそもカビは水分が多い場所に発生するため、極力乾燥させてあげる必要があります。

換気をするため、部屋のドアは開けましょう。
また、梅雨の晴れ間には必ず窓を開けて外気を取り込みましょう。

マンションのように密閉された空間や、コンクリートで建てられている建物は、室内の湿度が結露として現れ、壁や窓や天井に水滴がつきやすい傾向にあります。
この結露を放置するとカビに繋がるため、気づいたら窓ガラス用のスクレーパーで取るか、タオルで拭き取るようにしましょう。
これだけでもかなり改善されます。

また寝室で厄介なのが、布団につくカビです。
マットレスに直接汗がつくとカビになる原因となりますので、可能な場合はマットレスを立てかけたり、ベッドとマットレスの間に空気を送り込む日を作るようにしましょう。

また、マットレスの上に敷布団や敷パットを敷いて寝ている場合、マットレスの布団の間に湿気取りマットを一枚敷くと効果があります。

湿気センサーが付いているマットだと、干す時期が目で見て分かるため使い勝手が良いですよ!

梅雨の布団ダニ対策はどうする?

梅雨の布団対策で一番頭を抱えるのがダニ対策です。

ダニは高温多湿(温度20~30度、湿度60~80%)が大好きで、人間から出るアカやフケが大好物です。

気温が高くジメジメしている梅雨。
しかも天気が悪く布団が干せない!

人間のアカやフケが除去できない状態 = ダニのエサが豊富に用意されている!

まさにダニにとってのパラダイスですね♪

その名のとおり、梅雨の時期にダニは活発化し、数も通常の300倍ほどにもなるとも言われています。

考えただけでも体が痒くなりそうです。

因みにアカやフケがない人間なんていませんから、ここは防ぎようがありませんね。
ちょっとポリポリ掻けば、見えない皮膚の組織がポロっと落ちますしね。

スポンサーリンク

ここで我が家で活躍しているのが布団乾燥機です。
湿度も飛びますし、本当にオススメです。

20分程かけるだけでも全然違いますので、ゼヒご参考まで。

布団乾燥機に出会ってから、これまで憂鬱で仕方なかった梅雨が何とも思わなくなりました。

ダニ駆除方法の効果は?

ダニを駆除する方法は意外と困難です。

それはなぜでしょうか?
一般的にダニを死滅させるには50℃以上且つ20分以上の環境が必要とされています。

「晴れた日に布団を干せば良いじゃない!!」

そう思いますよね。
私も実際そう信じていました。

しかしダニの習性というのは、光にさらされると隠れてしまうんです。

どういうことか?

真夏に布団を外に干せば、布団の表面は50℃近くまで上がります。
ところが光を感知したダニは布団の奥へ奥へと逃げて隠れていきます。

その為ダニを死滅させることはできません。

紫外線や赤外線も同様です。
ダニ専用の家電製品も出ていますよね?
あれも殆ど効果はありません。

販売当初は「ダニを死滅させる!」などと謳っていたかと思われますが、今は文言が変わっていますしね。

確かにダニの死骸を吸い取ってくれるため、ハウスダスト対策としては効果があるかもしれませんが、それなら普通の掃除機で十分です。
わざわざ場所を取り、重量もあり、高い値段を払ってまで手に入れる意味はあまりありません^^;

「ちなみに掃除機で吸えば生きているダニも吸えるんじゃないの?」

と思うかもしれませんが、ダニのしがみつくパワーってもの凄く強いんです!

掃除機ごときでは吸い取ることができませんので、吸えるのは力尽きた死骸のみになってしまうんです・・・。
ただ、上記で触れたようにダニは光を嫌います。

なので、暗い状況ではよく動き回ります(寝ている時を想像すると恐怖でしかありませんが^^;)。

布団に掃除機をかけるときにも暗い状況でかければ、死骸以外にも運良く生きたダニを吸い取れるかもしれませんので試す価値アリです♪
しがみつきそこねたダニを吸えればラッキーですね!

さて、ではダニに効果があるのが先程も登場した布団乾燥機です。
昔から廃れず需要がある理由が本当によくわかります。

最近の家電は技術の進歩に伴い、優れた製品ばかりですしね!
ダニ対策がバッチリ施されたスグレモノがたくさんあります♪

本当なら洗濯用乾燥機に入れて丸洗い&まるごと乾燥をしたいところですが、なかなかそんな巨大な乾燥機付き洗濯機はありません。
掛け布団や毛布くらいならコインランドリーの乾燥機付き洗濯機にも入るので、定期的に持っていかれることもオススメします!

クリーニングに出すよりもはるかにリーズナブルに行えますよ。

家で洗濯して、乾燥だけでもコインランドリーに持っていけば、一枚400~600円くらいで済みますし。

どうぞ「乾燥機」をご検討ください!

おわりに

小さい子どもがいるご家庭などは、特にカビやダニには気を使うと思います。
私もダニ対策に特に気を使うようになったのは、子どもが生まれてからでした。

また室内で猫などのペットを飼われている方もダニは気になると思いますので、定期的な高温環境でのダニ死滅作戦をオススメいたします。

最後までお読みいただきありがとうございました^^

よろしければ応援クリックお願いします!!
とても励みになります♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

     生活   0

コメントフォーム

名前 

メールアドレス (公開されません)

URL (空白でもOKです)

コメント

このサイトを訪れる方に人気の記事
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報
最近のコメント