観光

川越駅周辺の路線について、川越市駅と本川越駅とのつながりについて

目安時間 6分

川越市がどこにあるかは分からないけれど、何となく聞いたことはあるという方は多いのではないでしょうか。
「小江戸川越」と呼ばれ、昨今観光地として注目を集める川越市は埼玉県の中央部よりやや南部にあります。

駅周辺も開発が進み、近代的な街へと進化しつつあります。
歴史の深い街並みや観光地には老若男女が楽しめること間違いありません。

今回は川越駅周辺を取り巻く、電車の環境についてご案内していきたいと思います。
電車の選択肢が複数あるので、川越へ遊びに行こうとお考えの方は、参考にしてください!

駅名に「川越」が付く物がいくつかありますが、微妙に路線自体が異なることもあるので注意してください。

川越駅周辺の路線について

川越駅は意外と路線が豊富にあります。

川越駅を始点に、八王子駅へ直通で行くことができます(JR川越線)。また大宮方面のJR埼京線を利用して、池袋・新宿・渋谷・恵比寿・大崎などはもちろんのこと、新木場駅へも直通で行くことができます(りんかい線直通)。

どちらもJR川越駅が始発となりますので、最初に座席に座ることができれば、ずっと座った状態で行くことができます。
また大宮駅からは、始発である京浜東北線の他、新幹線にも乗り継ぐことが出来る為、近場はもちろんのこと遠出もしやすいです♪

因みにJR埼京線と川越線の違いですが、大宮駅までの区間を川越線と呼び、大宮~大崎までの区間を埼京線と呼ぶそうです。

川越駅にはJR改札の他に、東武東上線の改札があります。

東武東上線では、川越駅は始発ではありませんが森林公園方面、池袋方面、渋谷方面、横浜方面へ行くことができます。

横浜方面に関してはあまり知られていないのですが、東武東上線は平成25年より、東急東横線、横浜高速みなとみらい線との相互直通運転(東京メトロ副都心線経由)が開始されました。その為、川越から横浜、元町・中華街方面へ乗り換えなしで移動できるようになりました。

スポンサーリンク

自由が丘や祐天寺に座ったままで行けるなんて、それだけでテンションが上がります。
オシャレな街へ気軽にお出かけできるようになるなんて、夢のような開通でした。

また、川越駅から15分程歩いたところに、西武線の始発駅である「本川越駅(ほんかわごええき)」があり、西武線を利用しても池袋・新宿方面へ行くことができます。

人身事故や悪天候でどこかの路線が不通になっても、都内へ行く手段は残されていますので、川越からの通勤や通学は大変便利なのです。実は。

これまで、東武東上線の最終到着地である池袋は、埼玉県民だらけだと疎まれてきました。
いや現在進行形で疎まれていますね^^;

ですが、都民の皆さま 安心してください!

池袋だけにとどまらず、都心のあらゆる場所に進出できるようになってきていますので、埼玉県民の進出はより激しくなることと思います。あ、横浜にも行けるので神奈川にも進出できますね!

川越駅と川越市駅について

川越駅はJRと東武東上線の両方に存在します。
これは川越駅いついたら駅の案内表示に従って進めば良いので分かりやすいのですが、もう一つ「川越市駅(かわごえしえき)」というものも存在します。

観光などで来られた方は、川越駅と川越市駅を混同しやすいのですが、別物ですので注意してくださいね。

川越市駅は、東武東上線にのみ存在する川越駅の隣駅です。
川越駅に比べると小さめな駅ですし、他路線への乗り換えもできません。

観光マップや、観光案内、バスの発着等充実しているのは川越駅になりますので、間違えない様に気を付けてください。

川越駅と本川越駅について

上記でも少し触れましたが、本川越駅(ほんかわごええき)も存在します。
本川越駅は西武線で路線が異なる為、川越駅から電車での移動はできません。

川越駅から歩いて15分程と歩ける距離に位置していますが、バスも出ています。
観光の際は、お間違いの無いようご注意くださいね。

川越駅と西川越駅について

駅名に川越が付く駅はもう一つあります。「西川越駅」です。
こちらは、JR川越線(高麗川方面)内の駅で、川越駅の隣駅です。

西川越駅には川越水上公園と呼ばれる、大きめな市民プールがあります。
夏場はプールに遊びに来た人たちで賑わい、冬はスケートリンクができるのでスケート場に来る人たちで賑わいます。

また施設内にはスポーツジムがあったり、週末には施設内駐車場スペースがフリーマーケットなどの催場にもなる為、利用客は多いです。

ただ観光で訪れるような駅ではありませんので、ご注意ください。

まとめ

川越の利便性が少しは伝わりましたでしょうか。
ややこしい所も多いですが、慣れてしまえば本当に便利です。
今後も川越の良いところをどんどん発信していきたいと思いますので見に来ていただけましたら幸いです!

今回は路線バージョンをお送りしました。

スポンサーリンク

     観光   0

コメントフォーム

名前 

メールアドレス (公開されません)

URL (空白でもOKです)

コメント

このサイトを訪れる方に人気の記事
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報
最近のコメント