会社

大量の紙を数える場合にチラシ枚数の数え方や機械について

目安時間 5分

 

まとまった大量の紙を数える時に、あまりに数が多すぎて途方にくれた事はありませんか?

 

私は仕事柄、紙の枚数を数える機会が多いのですが、毎回どうにか効率良くできないかを考えていました。

 

そこで手際よくできる方法と、便利なアイテムについてまとめてみましたので、参考になれば嬉しいです!

大量の紙を数える

大量の紙を数える機会は職業柄に寄りますが、意外と多く訪れます。

 

例えば、テスト監督などになり、一斉に答案用紙や問題用紙を数えなくてはならない場合。

 

また、大量のフライヤーやチラシ、DMを送付する場合などです。

 

私は仕事柄、後者のタイプが多いです。

 

一度に8000部ほどのチラシが納品され、決まった部数ごとに各宛先へ送付する業務を8年ほど行ってきました。

 

これがなかなか時間と手間のかかる作業なのです。

 

片手に大量の紙を持ち、片手で枚数をカウントしていくと、腱鞘炎のように手首が痛くなります。

 

 

どうにかして効率良くできる方法はないだろうか・・・。

 

 

そこでたどり着いた最善の方法をご紹介します。

チラシの枚数の数え方

手で数える

私が行っていた作業では、20部ずつを数箇所、40部ずつを数箇所、60部ずつを数箇所、80部ずつを数箇所、100部ずつを数箇所・・・という具合に部数ごとに宛先を分けていました。

 

このように作業をしている方も多いと思います。

ここで効率良く作業する方法は、ひたすら20部の束を作るということ。

スポンサーリンク

 

20部ごとに分けられてさえいれば、40部も60部も80部も100部も、20部の束の組み合わせて作ることができます。

 

なので、合計枚数分、20部の束をひたすら作っていきます。

 

20部を数える時も、2、4、6、8、・・・の数え方がやはり1番早いです。

 

4枚や5枚を一度に数える方法も試しましたが、2枚ずつが一番慣れ親しんでいたので、数も数えやすいですし、早いです。

重さを量る

そしてもう一つの方法は重さを量ること。

 

20や40部だったら手で数えた方が早いですが、80部となると重さを量った方が早いです。

 

A4両面フルカラー印刷のチラシだと、1枚大体6~8グラム程度だと思います。

 

基準となる枚数を量っておき、あとはその重さに合わせて紙の束を取り、微調整していけばかなりの時間短縮で作業を行えます。

 

一度にジャストの重さを量ることができた瞬間には、かなりの爽快感があります。

 

精神衛生上にもこちらの重さを量る方法の方が良い気がしますよ!

紙の枚数を数える機械

紙の枚数を数える機械として、計数機というものもあります。

 

ただかなり大きく高額で、いかにも業務用タイプとなるものが多いので、実際に取り入れられるかは微妙なところです。

 

参考までに載せておきますね!

 

▼枚数計算機▼

https://www.webshiro.com/p04-23sokukeisuu.html
 

 

大量の紙を数える方法まとめ

いかがでしたか?

 

大量の紙を数える業務を始めて、慣れがいかに大切かということを学びました。

 

数える手の形など、自分流の方法も見つかると思います。

 

早く効率の良い方法を探し当て、この面倒な業務を簡単にこなせると良いですね!

 

私も自分自身と記録の勝負を常にしていきたいと思います。

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前 

メールアドレス (公開されません)

URL (空白でもOKです)

コメント

このサイトを訪れる方に人気の記事
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報
最近のコメント