生活

ジブン手帳mini2019年!使い勝手と裏写りしないペンについて

目安時間 9分

新年を迎える準備の一つに新しい手帳の新調があります。

 

アプリでの管理も考えましたが、私は実際に手を動かして書き込みをしないとスケジュール管理ができないため手帳は必須アイテムとなっております。

 

毎年、手帳を購入するときには頭を抱えるのですが、今回は友人オススメの「ジブン手帳」に決定しました。

私が手帳を選ぶ際に条件として取り入れているのが、「六曜」があること。

 

 

「大安」や「先勝」、「仏滅」といった、よくカレンダーで見かけるアレです。

行事を行ったり、人への贈り物をする際に必ずと言って良いほど気にするので、必ず必要な項目となります。

ジブン手帳miniで2019年を駆け抜ける

手帳の選び方や使い方については以前こちらにまとめました。

よろしければご覧下さい。

 

 

昨年から今年にかけて、無印の手帳を使用していました。

 

無印の手帳もすごく使いやすかったのですが、一つ私にとって不都合な点が・・・。

 

ぱっと見、土日祝日であることが判断できないこと。

さすが無印良品とあって、かなりシンプルです。

余計なところが全くありません。

 

ただ、あまりのシンプル具合に、色使いもシンプルでできていました。

 

土日祝日が休日の私にとっては、せめて休日くらいは赤や青で表してほしいな~なんて思ったり。

購入時は気付かなかったのですが、使っていくうちに実感するようになりました。

 

自分で好きなようにシールを貼ったりマーカーで塗ったりすれば良いのですが、超絶面倒くさがりの私にはそんなマメなことはできません。

 

それならば最初から色分けしてあるものを探そうと、今年は違う手帳を探しました。

友人が今年使っていて来年も継続すると聞いたのが「ジブン手帳」。

 

ジブン手帳についてはこちら⇒https://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/jibun_techo/

 

 

「一年で終わり」ではなく「一生つかえる」手帳を』というコンセプトとのことですが、まさにその通りです。

簡単に内容を写真でご案内♪

 

迷いに迷ったあげく、見た目の可愛さからピンクを選びました!

ジブン手帳miniの使い勝手

内容のボリュームが大きいので、1ページごとが薄いです。

 

ですが簡単に破れるような用紙ではありません。

 

そして、手帳を一度開いて書き込みを始めれば、今まで気付けなかった自分に出会うことができます。

 

手帳を通じてこの感覚は初めて持ちました。

 

なんて表現したら良いんだろう・・・。

 

自分自身を深堀りするための一冊に間違いなくなります。

 

●過去の自分を見つめ直すための年表。
●今の自分を書き留めるリアルタイム軸のスケジュール。
●未来の自分と周囲の人達との関係を築く将来設計。

●また自分がこれまで出会った、本・映画・作品その他色々。

 

●友人にあげた、いただいた、お付き合いリスト。

●旅行に行ったエリアを記載。

●自分がやりたい100のこと。

●暗証番号やパスワードの管理。

 

などなど、他にもたくさんあります。

これまで普通の手帳しか使用してこなかった私には衝撃的な手帳です。

 

まだ数日書き込んだだけですが、今まで自分で見つけられてなかった自分に出会えそうな気配がただよっています。

 

そして、使い勝手です。

よくジブン手帳miniは小さい&書きづらいという声を聞きますが、それほど不便さは感じません。

ジブン手帳の基本は方眼ノートになっています。

 

罫線ではなく小さく四角いマスで覆われた様式ですね。

記入例では方眼の1マスに1文字を記入してありますが、文字を小さく書く事ができない私は無視して自由に方眼マスを利用しています。

スポンサーリンク

 

一日のスケジュールを書くには十分ですし、そこまでマメなスケジュール管理をしたくない私にはちょうど良い(それでも細かいなって思えるような)スペースです。

 

そしてカバンに入れての持ち運びを考えた際に、小さいほうが持ち運びに便利かと思いminiを選びました。

miniは横が約12cm、縦が約19cmのサイズです。

 

 

 

小さいトートバッグにも入るので、いつでも持ち運べます♪

こちらからも購入可能です♪


コクヨ ジブン手帳 mini ファーストキット 手帳 2019年 B6 スリム マンスリー&ウィークリー ホワイト ニ-JFM1W-19 2018年 11月始まり

手帳に書いて裏写りしないペン

手帳自体には特に不満はありませんが、不安な点という意味では裏写りです。

ボールペンなどで力強く書いてしまって、次ページ以降に跡が残る問題は、同梱されている下敷きを使えば回避できます。

 

裏写りに関しては、下敷きを利用しても背面ページには影響が出てしまうので避けなければいけない問題です。

絶対にNGなのが、油性ペンやインクがドバっと出る蛍光ペン。

これはオススメしません。

 

そこで裏写りを防げる&特に書き心地抜群なペンをご案内したいと思います。

 

●ジェットストリーム 0.5mm


三菱鉛筆 多機能ペン ジェットストリーム 4&1 0.5 ネイビー MSXE510005.9

●フリクションボールペン(なんと言っても書いて消せるペン) 0.5mm


パイロット 消せるボールペン フリクションボールノック 0.5 3色 LFBK-69EF-3C

 

●プロパス クイックドライ(蛍光ペン)


三菱鉛筆 蛍光ペン プロパス クイックドライ 5色 PUS138T5C

 

●フリクションの蛍光ペン


パイロット 消せる蛍光ぺン フリクションライト ソフトカラー 6色 SFL-60SL-6CS

 

 

特にこちらのジェットストリームを使った瞬間に、「あ、この先、他のボールペンは使えないな」と思いました。

それくらい書き心地抜群のボールペンです。

 

ちなみに私は0.5mmより細くなると、かすれたり書き心地に違和感を感じることが多いため、0.5mmを愛用しています♪

ジブン手帳miniまとめ

11月始まりのジブン手帳をまだ使い始めたばかりですが、毎日手帳を開くことが日課になるほど、書いていて楽しいですし、生活のモチベーションが上がります。

 

ジブン手帳を使おうか迷い中の方は、ぜひ一度ご利用されてみてはいかがでしょうか。

 

一緒に自分の中の新しい自分探しをやりましょう♪

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前 

メールアドレス (公開されません)

URL (空白でもOKです)

コメント

このサイトを訪れる方に人気の記事
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報
最近のコメント