ファッション

綿100%のインナーを無印で購入!タンクトップ(レディース)の感想

目安時間 5分

肌荒れに長年悩まされている私ですが、インナーを綿100%にしたところで劇的に改善されました。

シルクはお値段が高く手が出せないので、綿100%をひたすら購入しています。

今回は無印のタンクトップインナーを購入して肌につけた感想をご紹介します。

購入を検討されている方へ参考になったら嬉しいです!

綿100%のインナーを無印で購入

自然派素材、肌に優しいと聞いて真っ先に浮かんだのが無印でした。

インナーも取り扱いがあるだろうとお店に行ったところ、ありました。

綿100%のキャミソール、タンクトップ、カップ付き半袖Tシャツ。

今回はタンクトップを購入しました。

2枚入って1,490円。
1枚だいたい750円です!

悪くない価格帯ですね!
ちょうどこの日は無印週間だったので、さらにお安く購入することができました♪

色は白と黒とグレーがありました。

今回は白と黒を購入。

インナーとして着るので、枚数があった方が良いです。
特にこれから暑くなる季節は、汗をかくため着替え用に多めに持っておきたいと思い、一気に4枚(2枚入を2パック)購入しました。

サイズも確認しておきたかったので、MサイズとLサイズを1パックずつ購入しました。

無印のタンクトップ(レディース)の感想

今回初めて無印のインナーを購入しましたが、まず生地が肌にとても優しいです。

そして肌が弱い人向けに作られているのか、タンクトップの内側にタグが一切ないんです。

スポンサーリンク

普通、サイズが書かれたタグが首の後ろ部分にあったり、生地の成分表示や洗濯方法が書かれたタグが左下(わき腹付近)に付いていますよね?

それらが一切なく、全て生地に印刷されています。

そのため、肌に綿以外の生地が触れることなく、肌トラブルを起こしにくいありがたい作りになっています。

そして何と言っても、私が1番ありがたかったことは着丈が長めだということ。

普通のタンクトップは着丈が短めで、背中を丸めたり、かがんだ時にインナーがパンツやスカートのウエスト部分から出てしまうことがありますが、無印のタンクトップはしっかりお腹周りをホールドしてくれます。

また生地も厚めで、洗濯してもヨレヨレになりにくいのがありがたいです。

サイズに関してですが、着た感じでは割とピッタリとしてます。

私は肩幅があり骨格もしっかりとしています。ややガッチリ体型なのですが、Mサイズだとかなり体のラインが出ます。

二の腕や肩のあたりがたくましくなってしまうので、ピタっとさせたくない方はLサイズをおすすめします。

今回Lサイズも購入したのですが、Lサイズだとそこまでガタイの良さが強調されないので鏡を見るのにも気が引けません(笑)

少しマシになりました。

以前こちらの記事でしまむらのインナーについて触れていますが、品質で言うならば無印の勝利です。

デザインや色の展開、袖の長さの種類、価格で言えば、しまむらの勝利です。

どこに重きを置くかは人によって違うと思いますので、ご参考までに♪

まとめ

綿100%素材には、汗に弱いというデメリットもあります。
汗でビショビショになってしまったら、乾きにくいために着替えが必要になります。

汗で濡れた状態を放置すると、風邪を引くだけでなく、肌がかぶれたり新たな肌トラブルの引き金にもなりかねません。

夏場は汗をかいたらこまめに着替えられるように、着替え用を持って通勤や外出をしています。

そのために自分に合ったインナーを早く見つけられると良いですね。

インナーが、生活を送る上での快適さをこれほど左右するとは思っていませんでした。

直接肌に触れる部分というのは大切なんですね。

1人でも多くの方が、辛い肌トラブルから解放されることを願います。

スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前 

メールアドレス (公開されません)

URL (空白でもOKです)

コメント

このサイトを訪れる方に人気の記事
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報
最近のコメント