ファッション

つけまつげののりでかぶれる原因について、人気の磁石式をご紹介

目安時間 5分

女性のおしゃれアイテムの一つである「つけまつげ」。
目元が華やかになるだけで、印象ががらりと変わるため、愛用している方も多いのではないでしょうか。

また最近では100円ショップなどで、お手頃な価格でも手に入るため、中高生などでも使用の範囲は広がっております。

注意しなくてはいけないのが、便利な反面、つけまつげによる肌トラブルも多数発生している点です。

今回はつけまつげが原因で生じる肌トラブルについて、また肌トラブルを抱えても利用できるつけまつげについてご紹介したいと思います。

つけまつげののりでかぶれが生じる

実はすごく多いのが、つけまつげのノリ(グルー)で生じる肌トラブル。

人によっては症状も様々で、アレルギー症状のように肌が荒れたり、痛みやかゆみを生じたり、しみることがあるようです。

肌トラブルを抱える人の中には、何年もつけまつげを何の問題もなく使用できていたにも関わらず、ある時を境に肌トラブルを起こすようになったという方もいるようです。

手足のかぶれなどはよくありますが、目元の粘膜部分のかぶれとなると、見過ごすことはできません。
そのまま放置せずに、しっかり治療しましょう。

つけまつげののりでかぶれる原因について

そもそもなぜつけまつげののり(グルー)で肌トラブルが起こるのでしょうか。

実は目元には汗、ホコリ、排気ガス、花粉などの汚れがたくさん付着しております。
つけまつげを装着するのりにももちろん付着します。

接着剤をはがす時に、多少、皮膚の表面も一緒にはがれてしまいます。
はがれて薄くなった皮膚を更に傷めれば、その部分は弱く脆くもなりますし、そこからまた別の汚れが入り肌トラブルを起こします。

スポンサーリンク

これまで何年も問題なく使用できていた人も同様です。

花粉症などの環境アレルギーは、従来は何ともなかったにも関わらず突然急に症状が出ることがあります。
これは体内に侵入する物質を、体が有害だと判断し排出しようとすることにより起こる症状です。

つけまつげのノリも同様に、のりに含まれる成分が体内に少しずつ取り込まれるうちに、体内では有害物だと認識され肌トラブルが起こるようになります。

皮膚トラブルに対して適切な対処をしないと、症状が悪化したり、別の肌トラブルの引き金にもなりかねません。
なので少しでも肌トラブルを起こしている方はそのまま放置させずに、皮膚科を受診してくださいね。

その際に、何の成分でトラブルが起きているか判断しやすくするためにも、ノリの成分が分かる物を先生に提示することをおすすめします。

また、市販薬で目の周りに使える薬はありませんので、自己判断はしないように気をつけましょう。
必ず専門医に見てもらうことをおすすめします。

つけまつげの磁石式が人気

肌トラブルによって、つけまつげをつけられない方に朗報です!

何とマグネットタイプのつけまつげがあるそうです。

その名も「ONEタッチまつ毛」。
公式サイトはこちらです。

〈付け方〉
1.ONEタッチまつ毛(上)をまつ毛の上部に当てます。
2.ONEタッチまつ毛と自まつ毛の目尻部分を合わせるように添えます。
3.ONEタッチまつ毛(上)を添えたままONEタッチまつ毛(下)を取ります。
4.まばたきをせず、ONEタッチまつ毛(下)を自まつ毛(下)に近づけて行くと、マグネットが吸着します。

自分の好きな時に取り外しが出来るため、衛生的でもあります。

慣れるまで操作に苦労するかもしれませんが、慣れてしまえば簡単につけられるようです。
これは試す価値がありそうですね。

まとめ

私自身、つけまつげをした経験もあるのですが、私には合いませんでした。
というのも肌が弱い上に、眠るときはうつ伏せが多く、朝起きたら枕につけまつげが大量に付いていたのです。

ほぼ一晩で半分近くのつけまつげを消失したことがあります。
お金を捨てたのと同じような感覚になりました。。。

その点、マグネットタイプでしたら寝る前に取り外しが出来るため、消失させることもありませんね。
今後大注目となるアイテムだと思います。

目元のトラブルにはくれぐれも気をつけましょうね。

スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前 

メールアドレス (公開されません)

URL (空白でもOKです)

コメント

このサイトを訪れる方に人気の記事
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報
最近のコメント