イベント

父の日何をあげる?お父さんに趣味ない場合のプレゼントはどうする?

目安時間 6分

突然ですが、父の日に贈り物をしていますか?

いつも一家の大黒柱として家庭を支えてくれているお父さん。

なかなかお父さんにスポットが当たることが少なく、ついついナイガシロにされてしまいがちなお父さん。

父の日は、年に一度のお父さんをあがめる(?)日なので、盛大に日頃の感謝を伝えましょう!

ちなみに私は毎年、父の日には贈り物をしています♪

父の日に何をあげる?

いざ父の日に何かをあげようと思いついても、「さて、何をあげようか?」と腕組みしてしまう方も多いのではないでしょうか。

母の日には色々と思い浮かぶと思います。

それもそのはず、女性は色々と欲しい物で溢れている生き物ですから。

お父さんの趣味や、お父さんが好きなもの・好きなことを思い浮かべて、その周辺から喜びそうなアイテムを探し始めましょう!

お父さんに趣味ない

さて、ここで困るのがお父さんに趣味が無い場合です。

そして仮に趣味があったとしても、その内容が全く知らされていない場合。

こちらとしては知る手段がありません。

好きなものや好きなことも分からなければ、週末やお休みの日に何をしているのかさえ謎だと思う方もいるかもしれません。

もはやUMA(未確認生物)のような存在と化しているお父さんの生態を探るのは、至難の技かもしれません。

趣味のない父へのプレゼント

では趣味のない(知らない)お父さんへのプレゼントについて一緒に考えましょう。

お酒

普段は購入しないような、年代物のワインやウイスキーなどをあげても良いかもしれません。

珍しいスイーツ

甘いものが好きなお父さんへは、珍しいスイーツを取り寄せて送ってはいかがでしょうか。

小銭入れ

財布選びは、折りたたみか長財布かを選ぶところから始まるためハードルが高いかもしれませんが、小銭入れなら割と簡単に選べます。
それにお財布がパンパンになるからと、小銭とお札を分けて持ち歩いている男性は多いです。
高級感のある革製で、色は「黒」、「こげ茶」、「茶」、「紺」などの無難な色を選べば喜んでくれること間違いなしです。

スポンサーリンク

靴下

日用品である靴下も定番のプレゼントです。
お父さんの仕事柄にもよりますが、ビジネスソックスや、カジュアルソックスをあげてみてはいかがでしょうか。

ポロシャツやTシャツ

こちらも定番の白・黒・茶・グレーなど無難な色をあげると良いと思います。
これから夏に向けて着れる半袖でも良いですし、肌寒い日や秋口にも着れる長袖でも良いでしょう。

ただここで注意が必要なのがサイズです。
私の父は、普段はGUやユニクロの、Mサイズのポロシャツを着ています。

それと同じサイズをと思い、アバクロでメンズMサイズを購入したところピッチピチになりました。
また別の年には、奮発をしてラコステのポロシャツを送りましたが、これまたサイズが合わず。

メーカーや、そのポロシャツのデザインにより、フィット感のサイズも着丈も異なりますので、ポロシャツを購入する際は店員さんにお尋ねすると良いですよ!

普段使いできる靴でも、ウォーキングシューズでもどちらでも良いと思います。こちらも消耗品ですので喜ばれます。

ただ靴は、実際に履いてみないことにはフィットするかどうかは分かりません。足の構造にもよりますし。
できることならお父さんと一緒に靴屋さんに行って、試着してから選んでもらいましょう。

キーケース

鍵を複数持ち歩くお父さんには便利なアイテムですね。
こちらも小銭入れと同様、無難な色を選べば長く使ってもらえること間違いなしです。

畑仕事用の手袋

こちらは畑仕事をしているお父さん限定になりますが、畑仕事をしているお父さんにとって作業用アイテムは嬉しいと思います。
特に普通の軍手では、水が染みて手が荒れることもありますが、革製の軍手で水に強いものもあります。
また、畑仕事は腰を痛めたりしますので、腰をサポートするバンドなどでも喜ばれますよ。

メガネ・サングラス・老眼鏡

普段からパソコンやスマホを触って、眼精疲労で困っているお父さんが多いですよね。
視力の低下に伴う眼鏡の買い替えや、ブルーライト対策用のPCメガネ、夏の直射日光対策もできるサングラス、また加齢にともなう老眼への対策として老眼鏡などの眼鏡関係を贈るのはいかがでしょうか。

食事

特にプレゼントが浮かばない場合は、食事へお誘いしてはいかがでしょうか。
なかなか普段、顔を合わせる機会をもてない親子にとっては貴重な時間を過ごせること間違いなしです。
静かで落ち着いた空間で、親子の会話を楽しむのもありだと思います。

家族旅行

こちらは費用に余裕がある人へおすすめの提案ですが、家族旅行へ招待してみてはいかがでしょうか。
ゆっくり温泉に浸かりながら、家族水入らずで過ごす父の日は特別で素敵な思い出になりますよ。

まとめ

いかがでしょうか。
趣味のないお父さんでも、喜ばれるであろうアイテムはこの他にもいくらでもあると思います。

お父さんの普段の生活に少しでも寄り添うことができれば、そこからお父さんの生態を想像して、ぜひプレゼントを選んでくださいね。

お父さんの喜ぶ顔を見られるのが楽しみですね♪

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前 

メールアドレス (公開されません)

URL (空白でもOKです)

コメント

このサイトを訪れる方に人気の記事
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報
最近のコメント