初挑戦

「うな次郎」をヤオコーで買ってみた。うなぎ蒲焼きの代用品を実食

目安時間 5分

最近は値段が高騰し、裕福な家庭の味となりつつあるうなぎ。

 

日本には土用の丑の日と称され、ウナギを食べる文化がありますが、なかなかおいそれと簡単に手が出せなくなってきました。

 

またうなぎの蒲焼の骨が刺さるような食感や、爬虫類のような見た目から、苦手意識を抱えている人も少なくありません。

今回はそんな方も抵抗なく食べられるうなぎの代用品をご紹介します!

うなぎ蒲焼きの代用品

価格面からなかなかうなぎに手が出ない人や、見た目や食感の問題でウナギを苦手とする人はたくさんいると思います。

 

うなぎの蒲焼きを代用できる何かがないだろうか?

 

できれば低価格であるとありがたいな。

 

そんな思いで探したのがきっかけでした。

そして遂に見つけたのでご紹介したいと思います。

うなぎ風かまぼこ

うなぎの蒲焼きの代用品は、この「うな次郎」です。

うな次郎

これは「うなぎ」ではなく、魚のすり身で作られています。

食べる方法もとても簡単で、まず指定された線までフィルムを剥がしてタレと山椒を取り出したら、約1分間電子レンジで温めます♪

そして温かい白いご飯の上に「うな次郎」を乗せて、温める前に取り出しておいたソースと山椒をかけたら完成です!

どうですか?

見た目はなかなかうなぎの蒲焼っぽくないですか??

ちなみにレンジで温めた後の表面はこのような感じです。

そして裏側はこのような感じです。

スポンサーリンク

そしてそして、気になるお味ですが、、、。

美味しい(´∀`*)

うなぎよりも更にふっくらとしていて食感もなかなかうなぎっぽいです!

私の最初に感じた感覚では、魚よりもお肉に近い印象でした。

これは味もアリなので、リピート購入決定です!

ちなみに、2歳の息子にも一口食べさせたところ、「おいちぃ!」と喜んでおり、何回もオカワリをしていました。

うな次郎をはヤオコーで購入しました

さて今回ご紹介した「うな次郎」ですが、私はヤオコーで購入しました。

ヤオコーとは、埼玉県民にはおなじみのスーパーです。

1パック、約280円程で購入したので、なかなかお得な買い物ができました!

ちなみに、以下の楽天サイトでも取り扱いがありましたので、「近くのスーパーに置いてないよ〜」というかたは、こちらからご購入できますよ!

 

ヤオコーですが、なかなかの品揃えでして、私好みの変わり種も置いています。

特にドリンク類の種類が豊富で、行く度に新製品(新発見品)
が置いてある印象です。

水分を過剰に摂取する私からオススメしたい商品もたくさん置いていますので、ヤオコーネタでまたご紹介したいと思います!

「ヤオコーに良く行くよ♪」という埼玉県民の方、オススメ商品があったら教えていただけると嬉しいです♪

おわりに

価格が高騰するというのは希少性が増してるということなのでしょうが、本場の美味しいうなぎを食べに行くというのは完全な贅沢という印象に変わってしまいました。

私が子どもの頃は、近所のうなぎ屋さんで、大きいうな重を2000円くらいで食べれていたのに。。。

しかも子どもの頃はうなぎの美味しさが分からず、むしろ口の中がチクチクするからという理由で、うなぎ本体は親に食べてもらっていました。

私はというと・・・。

うな重につける、うなぎのタレをヒタヒタにご飯につけて「うなぎのタレご飯」として美味しくいただいていました。

そう言えば、焼肉でも「お肉ー!!」というよりも、「焼肉のタレご飯」を好む子供でした。

今思えば安上がりな子どもだったなー(・∀・)

いやはや、でもたった数十年の間にうなぎの価格がここまで変わってしまうものなんですね。

何だか少し寂しいような切ないような気持ちです(*_*)

スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前 

メールアドレス (公開されません)

URL (空白でもOKです)

コメント

このサイトを訪れる方に人気の記事
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報
最近のコメント